読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肉体の学校

 

 

肉体の学校

三島由紀夫

 

 

 

この作品は、53年前に創刊されてて

言葉も表現も難しかった…

始め読む気失せてたけど、

面白かったです。

 

 

 

恋愛小説は初めてだった。

 

 

 

若いやり手のニヒル男、最高ね。

 

 

 

年上の金も仕事も敷居も高いところに止まってる女がまんまとぞっこんになっちゃうんだけど

 

 

今の私には共感とも言えないけど

身近なものに感じた。

 

 

なにが共感て

 

 

 

男の余裕とブレなさと虚無感。

こっちが上から見てたら、ころっとひっくり返されるところね。

読んでて流石だと思った。

尽くされることを喜びにしてたのに

わがままで優しくなくて頼りなくて弱そうな影のあるやつが魅力的になることもあるんですよねぇ

盲目になってるからだけどね

目が覚めた時、女は強くなったね

 

 

 

 

内容は、ひたすらその男と女の駆け引き。意地の張り合い。

 

 

 

この女、頭がいいのですよ、結局、

 

 

女の勝ちだったのかな。

五分五分かな?

 

 

視点の違いでどちらとも言えるけど、

今の私の思考では

心から消えてる時点で、これは、

女の勝ちだったかと思える。

 

なぜって、たまたま

今日じゅんじと話してた会話で納得できることがあって、

 

 

何事も結局自分がどう思うかが一番大切じゃないって話で

 

 

私もじゅんじも理屈くさいから

そんな話ばっかりなんだけど 

 

 

環境に感情を振り回されるなよって話

 

 

余計なことは抜きに

素直に自分がどう思ってるか、そこに焦点当てて物事考えた方が気が楽だよねって

自分の心を尊重し安定することで、より良いパフォーマンスができるよねって。

 

ひろしとの関係を今後どう一手を出す考えてた私にとって結構スッキリする答えをくれるんだよね、じゅんじは。

ひろしで楽しんでるんだから、私ももっと楽しませたいわ。

ひろしはひろしで私をどんな人間かって作り上げてて、それを知るのもおもしろいし、裏切りたい。

 

終わりもゴールもない変な恋愛で

今まで見たことない自分がどんどん出てきて

振られて駄々こねたのも

そのやり取りも楽しくて仕方ない

こんな経験ないし自分がそんな反応するなんて思っても見ないし

これはマゾヒズムてきな喜びではないよ(笑)

ダメな女になってる自分にもひろしのずるい男加減にもちょっと酔ってる節があるの(笑)

2人の会話がクサすぎてもうじゅんじに話してるだけでおかしくなってくる(笑)

ほんとに変で変なのに意味がわかんない関係だし、

なんでこんなに仲が良いのかも謎だしほんと変なんだよ、意味がわからん。

なににも言い表されない恋愛なのかも謎の感情。

好奇心と探究心と癒しと少しの寂しさみたいな感じだな。

 

 

こんなこと言ってたらますます

わたしの思考を理解に苦しまれるか

引かれるか

痛いと思われるのは重々承知で

ブログのタイトル通り全て素直に書くと決めたのでそのまま書いてます。

 

 

 

恋愛しだすと、占い見だしたりするやん。

もっぱら占いちょこちょこみてるんだけど、

共感できたものがあったからスクショしてみた。

 

 

f:id:pim00fac:20170202002425p:image

 

f:id:pim00fac:20170202002431p:image

 

 

 

話がだいぶ脱線したけど、言いたいことは、気になったからとことん追求したい気持ちが止められないってこと!

 

 

 話が脱線したね、戻る。

 

 

 

昔から思ってることだけど

強い女ってのはかっこいいな

 

 

欲しいものは自分で手に入れて

責任も取れる肝が座ってる人

相手に委ねない、自分の意思で動く

そういう人が自由を扱えるんだなぁと思う。

 

 

 

自分基準がどれほど強いかってね、それ、

何事にも強いと思う、ブレないやつ。

 自由でいたい自分だから

そういう人になれたらいいなと思う。

 

 

 

そんな感じで、感想文終わり。

 

 

 

 

 

 

 

 

もはや

 

 

 

話すことがありすぎてまとまらないので

 

 

 

書かない(笑)

 

 

 

とにかく、結果

ひろし、好きだなぁ、人として

 

 

 

嫌いになれねぇー

 

 

 

なる必要もねぇー(笑)

 

 

 

まじで昨日楽しかったカオスな1日だった〜〜

 

 

 

ロマンポルノ見て、栄行って、そのあと弟の誕生日プレゼント買いにアダルトショップ行くっていう(笑)そのあとカラオケ

 

 

超楽しかったわ

充実した〜〜

 

 

 

ひろしにゴールがないから楽しいんだとひしひし感じる私

 

 

つかみどころのないやつってのは魅力的だなぁ

 

 

ひろしから言われた言葉は

 

 

私がこうちゃんに言ったような言葉も多くて

 

 

あぁ、してやられるとはこのことだなぁと感じます

 

 

さらっと嬉しいこと言って

乗せるのが上手いんですよね

 

さすがですよね

 

私も見習うわ

 

 

魅力的な人になりたいねぇ〜〜

 

 

夫のちんぽが入らない

 

 

水曜かなと熱ジャに行った時に買った小説

 

 

 

夫のちんぽが入らない

 

 

 

タイトルとは裏腹にしっかりとした文芸小説です(笑)

タイトルのインパクトとちんぽという言葉の汚さをおしゃれにクリーンにした表紙のギャップ、本屋大賞受賞作、そしてちんぽが入らなくても愛が貫けるって話なのかと自分とリンクさせた為読んでみました。

 

 

 

本当にたまたまなのか、自身がフォーカスしてるからなのか今回の小説も親の育て方や環境が人生において大きなものだと感じさせた。

小説だし、どれもドラマチックで、現実味がない特殊な育ちや不幸な環境であるが

大小はあれど、それぞれの人生の中である悩みや思考に大きく関わっていることがわかる。

同じくそれを感じた、西加奈子の小説  i   と比較してみた。結局のところ、恵まれた環境でも恵まれていない環境でもそれぞれの悩みがあって教育にも正解が無いし、不幸な環境だからといってそれを引きずるのも克服するのも自分次第だってことだ。

ここで言いたいのは、現時点ある環境ではなく、自分自身に植え付けられた思考や悩みに対することである。それに対して、乗り越えられたり自分で折り合いがつけられた時、親離れ、自立出来たということになると私は思う。

この小説を読んで単純に勇気付けられた。

主人公が後半、自分のめちゃくちゃな部分や残念なところを肯定しはじめた。ある意味開き直っていた。つまり自立出来たシーンなんだけど、世論や母親からの言葉のシガラミや言いたいことを言えなかった主人公が開き直ったのは物語のハイライトといえよう。自己肯定できた瞬間ですね。

次点で好きなシーンは最後の言葉。おしゃれな終わり方〜って思った(笑)

最後の一ページは、伝えたいことがぎゅっと詰まってた。

 

 

f:id:pim00fac:20170128174011j:image

 

 

 

未熟な私は否定しがちだし、型にはめがち。

相手を尊重することを今より大切にしていきたいな。

 

とにかく言葉遣いも面白いし、すごく読みやすかった!

 

 

 

かなちゃん、

i  読み終わったらいかがでしょう。

 

 

 

 

 

 

モヤモヤモード

 

 

なんだかモヤモヤモードです。

 

 

 

日曜、助監督。ほんとに行く気になれない…

 

 

向こうの楽しみな感じが伝わるから余計なんか

 

 

 

逃げたくなる(笑)

 

 

 

回避のひろしを責められないわ

私も大概だと思うわ(笑)

 

 

今ひろし大好きだけど

 

 

手に入るかわからないこの微妙な感じだからいいのかな…

 

 

むしろ付き合ったところで

 

 

愛情表現少なそうだから

 

 

ちょうどいいのかな…

 

 

不幸すぎる(笑)(笑)

 

 

 

なんかもうひろしと付き合いたいんだがん(笑)

 

 

だめ?(笑)

 

 

 

この歳で付き合うにはとか、相手の性格に難がとか

 

 

あるけど

 

 

 

だめなら別れたらええやんっていう

なんなら今の歳ならギリギリ許されないかな?こういう恋愛

 

 

ってかそもそも付き合えるかも謎だけどさww

 

 

だいたい好きなのかも謎だしさww

 

付き合ったとして

エッチがあるのかも謎だしさww

 

 

意味がわからんのだけどさww

 

 

 

すきなんだよぉ〜。。

 

 

 

助監督選ばなかったことは

 

 

 

将来に関わるのはわかってる

 

 

 

でもでももう顔を思い出すだけで

 

 

 

どんより

 

 

 

ひろしのお顔がいいんだもん。

 

 

 

(惚気ではない)

 

 

 

困った私をどなたかご指導お願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

好調

 

 

ままの体調が良くなってました!

 

 

言葉もたどたどしいけど

聞き取れるし

明日には鼻の管もとれて食事もできるかも?

 

 

まだ安心はできないけど

めちゃくちゃ嬉しいです

 

 

 

意思疎通ができるようになっただけで 

ままが戻っきたような気持ちになりました

 

 

このまま良くなってくれ〜〜

 

 

 

今年の目標も持続できてる

 

 

 

うん。頑張ろう!!!

 

 

 

今日は散財だしーー!*1わー!

 

 

 

ままが回復すると同時に私もハッピーになってきましたー!

 

 

 

親大事だなー

 

 

 

生きてるだけで充分だなー

 

 

 

当たり前の幸せに気づけないとね

 

 

 

そんな感じ〜

 

 

 

 

 

 

 

*1:o(^∇^)o

アバンチュール的な

 

 

 

あんまこんなこと言ってると笑われちゃうけど(笑)

 

 

 

ひろしとの時間はアバンチュールのような感じなんです

 

 

(笑)(笑)(笑)

 

 

 

今の私にとって

いっときの現実逃避のような

好奇心が満たされて

なんの責任もない

少しの安心感と不安感

みたいな(笑)

 

一夏のアバンチュールなんてしたことないけどさ(笑)

 

 

 

本音は、何が言いたいかっていうと

 

 

 

私の心の奥の安心感は埋まってないというところでしょうか。

 

 

そんな人は恋人には出来ませんね

 

 

助監督も話せば聞いてくれるけど

重い話をなーんか話す気になれないんだよなー。

 

 

結局こうへいが安心するけど 

そうも言ってられませんよなー。

 

 

 

いいんす。

男に頼らなくてもね、私には友達もいますし、

家族もいますしね。なんなら私がいますしね。

 

 

 

そいえば!

 

全然話変わるけど

物欲なくなりすぎて

今月お金がたくさん余ってる!

この私が!

すごくね!

韓国でしっかり使ったるけどな!

 

 

 

 

 

そんな感じ^^ 

 

 

 

 

 

 

 

 

会うと辛い

 

 

 

面会行くと

 

 

 

 

のどが詰まった感じがして

心臓がズキズキする…

 

 

 

ままは

目を合わせるのもままならなくて

口元の小刻みな痙攣は続いたまま

手のひらに文字を書いて

それさえも読み取り辛くて 

どんな気持ちなのかもわからない

 

 

 

いろんなことがよぎるし、不安もある

うまくいえないんだけど

 

 

会うと辛いってなってる自分がいて

 

 

1日3回各1時間ある面会に

一度行くだけですごく精神消耗してる

 

 

 私が消耗してる場合じゃ全然無いんだけど 

 

 

行くのが辛い