読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つ、ついに…!!

 

 

コンテスト翌日はお休み。私は仕事。

 

 

暇なら家来てー^ ^

 

 

珍しい。ちょっと嬉しくなりつつも

お休みも家かーなんて。

まぁ行くんですけど。

 

 

時間も早かったから

家行ってから

前見ようって話してたミュー ジアム見よーって提案

いこいこーってなって

 

おしゃべりしながら歩いて名駅行って

 

 

夜飯兼映画

 

 

ミュー ジアム、まじおもしろかった。

グロいシーンも多いから、かないけるかしらって感じだけどオススメ、ほんと超面白くてドキドキした。

 

 

んで色々話しながら帰った

なかなかな話だった

 

 

家帰ってからもいろんな話ししてて

家族の話とか考えてることとか色々

 

 

なんだか

以前にも増して愛しさが倍増。

素直にコミュニケーションをとることができてる気がする^^

 

 

そいえばうれしいことが、

次回のカラーの話ししたときに、誕生日いつだっけ?14日だっけ?って言われたの。

私、日にちは教えたことなかったよ、カルテ見たのかな?

ひろしが覚えてるのは奇跡的だってさ、スケジュールにメモしてくれてた、へへ

 

まぁ特別お誘いはないけどな。

 

 

あ、

そして、

タイトルお待ちかねの

つ、ついに…!って話し。

 

 

一緒にごろーんして、そしたら

そっこー眠そうにしてて

寝ないといけないのに何故かギンギンな私(目が覚めていたという表現)は

寝かせまいとちょっかいかけてたんだけど

 

 

向こうが少しスイッチが入り

なんやらかんやらで

ようやく私も初対面しご奉仕しておりましたら

 

ようやく、

 

ようやく、

 

 

その時が来てまいりました

 

 

 

 

 

 

but,しかし!

 

 

下を脱がせようとした彼に

私は顔を横に振りました

 

whyなぜ

 

 

そう、私は

 

 

2日前から生理が来ていたのだ。

 

(タイミングの悪さ)

 

 

え〜なんで〜

 

ごめんね〜だめなの

 

なんで〜〜

 

脱がせたらわかるよ〜

 

あぁ〜そういう日ってこと〜?

 

だから私がしてあげようと思ったのに〜

 

しなくていいよ〜〜

 

えいいの〜?

 

 

 

 

結局向こうは、いくことなく終了

 

 

 

そしてまたぎゅんぎゅんに抱きしめられて寝ました

 

 

 

 

結果、

 

 

 

 

 

 

未遂です。

 

 

 

 

 

タイトルひっぱってすいませんでした。