読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

f:id:pim00fac:20161222122855p:image

f:id:pim00fac:20161222122902p:image

 

 

 

f:id:pim00fac:20161222122912p:image

f:id:pim00fac:20161222122918p:image

 

 

 

 

こんなことばっか調べてても仕方ない、とは思いつつ、今回は思った以上にたくさんのことを学べました。

そう思うと、今辛くても、これはこれで必要だったのかななんて

 

 

ママにも、相談してたんだけどね、

 

ママには、落ちるところまで落ちろと言われた(笑)

そんなのやだから、引いたんだけどさ(笑)

 

 

ママはパパと付き合う前、遊び呆けたあげく、どうしても惚れてしまった相手の2番ちゃんになった、

結果思うように行かず辛い思いをして、片思いに疲れ果てたあげく、現れたのはモテない安心感満載のパパでした。(笑)

 

 

そんな話をされて、一旦落ちるところまで落ちたら助監督の良さにもっと気付けるんじゃないかと言うのだよ、

 

 

にしても、

 

助監督との恋愛は、本当にうまくいっている。

 

 

 

わたしの気持ちが移り変わりしてる時、

向こうはこっちを向いていて

自然と駆け引きのようになっている

 

 

好きな気持ちはあっても、エクソにハマったりなんだりで変に意気込んでデートに行くってのもあまりなく、でも楽しかった

 

 

なんだかんだタイミングが良い

 

 

 

こうへいで安定をもらってて

そのまま助監督からの安定をもらっていたら

刺激が足りないと感じただろうなぁ

 

 

これで、ひろしとパーになって、

刺激と不安の楽しさを楽しめなくなった時

安定の良さが身にしみるのだろう

 

 

うまくいくようになる人とは

 

 

どうなっても、

 

 

だいたいうまくいくようになってるのかねぇ。

 

 

ひろしで空っぽにされた心をうめるように

なんとなく、オーケーするのかな。

 

 

 

(遠い目