読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の良さは、

 

 

 

****

 

 

 

友達の彼氏の愚痴や喧嘩話を聞き、

親身になったところで

知らない間に仲直りをして

気づけば愛が深まっていて、幸せそうにSNSを更新している

 

 

 

 

わたしが最後に話を聞いた時は、

冷え切った状態だったから、

コロッと変わった気持ちや2人の関係?というか、

その投稿で

小さな詐欺にでもあったような気分になるのです。

 

 

 

 

その度に、カップルの戯言には、言わざる聞かざるだと思うし、間に受けないようにするべきだとおも思います。

 

 

 

不思議なもので、

反面教師だとわかっていながら

自分は無意識に同じことを周りにするのです。

 

 

 

 

自分でもよくわからないのです。

 

 

 

 

こんなに他人が頭の中に入り込んでくることも、

 

 

 

日によって、好きの度合いや執着も変わることも。

 

 

 

どうでもいい話も愚痴も

 

 

 

全て話している時気持ちがいいような、

まるで惚気ているような気持ちになれるもの。

 

 

この投稿もその1つでしょう。

 

 

 

 

みんな、聞き飽きたでしょう。

 

 

 

彼の名前。

 

 

 

わたしも聞き飽きました。言い飽きました。

 

 

 

口に出したくなくなるレベル。

 

 

 

上っ面の言動に、

 

 

他の人と同様に

いい気になり、まんまと惚れて、勝手に絆された

そんな自分を恥ずかしく思います。

 

 

 

それを隠すために

彼を崇め、見下すのです。

 

 

 

そんな自分がかっこ悪いです。

 

 

 

 

何度離れると言ったか、

何度悩んだか、

何度良い思いをしたか、

何度嫌な思いをしたか、

 

 

 

ここで何を言おうと

もう自分でも信用しません。

 

 

 

感じてることをそのまま書くことにします。

ただの記録です。

 

 

 

良い本や気になる映画、言葉

そういうものに出会うと

共有したくなります、頭に浮かびます。

そして、会いたくなります。

 

 

 

この間の記事を書きた時から

嫌な気持ちが全てを覆い

なんか泣きそうになってました。

 

 

 

たぶん、この、感情の起伏が

さらに、好きという気持ちにさせてるのでしょう。

 

 

恐ろしい。勝手に惚れてく仕組みです。

 

 

恐ろしい。

 

 

とにかく、私は

素直にならず卑屈でした。

 

 

 

そんな昨日の夜

ひょんな事で起きた出来事から

 

 

自分の良さに気づくことができたのです。

 

 

 

そしてそれを最近、見失っていることにも気づきました。

 

 

 

私の良さは、

 

 

 

人を好きになれる所です。

 

 

 

 

不思議なくらい、人を嫌いにはなりません。

服屋だった時の店長にも、

嫌なことを言ってくる人や、

話を聞いててつまらない人も。

 

 

 

嫌いではありません。

 

嫌なところがあったとしても、その人全体をみれば嫌いになるほどの事ではないのです。

たいしたことではありません。

 

 

そして、わたしの友達やはたまた知り合いレベルの大して話したことない相手までも、

私は大概好きです。

 

 

 

その気持ちで

人と接することが出来るのです。

 

 

 

(散々愚痴ったりするくせにとは言わないで(笑)

 

 

 

 

 

何が言いたいかって、

 

 

 

 

やっぱり何を言おうとどんな人であろうと

 

 

 

私は簡単に嫌いにはならないのです。

 

 

 

 

つまりどういうことか、皆様お分かりですよね。

 

 

 

 

結果的に、好きな気持ちで包んで終わりたいです。

 

 

 

 

終わらないかもしれないけど、

 

 

 

 

でもこれが、

 

 

 

 

私のスタイルだから、

(オッパのスタイルだから風)

 

 

 

 

これを崩してはいけないと思いました。

 

 

 

 

悪あがきはやめます。

なんとなく離れたい気持ちがあることは本当です。

会うことは今月で終わるような、終わらせるような気がしてるのも本当です。

 

 

 

でも好きということを出し惜しみすることは違うと思いました。

 

 

 

一緒にいる、

“抱きしめた今その瞬間は、

世界中の誰よりも愛おしい”と

 

 

 

伝えたいんです。

 

 

 

2人でいる時は私も小沢なんです。

(笑)(笑)(笑)

 

 

 

 

だからどうってこともなく、

なんの責任も縛りもなく

何も求めない、ただ私が言いたいだけのことなんです。

 

 

 

 

この気持ちを大切にしよう。

 

 

さよならでいい、なんとなく私はそれを選ぶけど

 

 

 

大好きな気持ちは、捻じ曲げたりせず

そのままにしておきたいです。

 

 

 

 

 

 

 

私のいいところは、 

 

 

人を好きなれることです。