読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の良さは、

 

 

 

****

 

 

 

友達の彼氏の愚痴や喧嘩話を聞き、

親身になったところで

知らない間に仲直りをして

気づけば愛が深まっていて、幸せそうにSNSを更新している

 

 

 

 

わたしが最後に話を聞いた時は、

冷え切った状態だったから、

コロッと変わった気持ちや2人の関係?というか、

その投稿で

小さな詐欺にでもあったような気分になるのです。

 

 

 

 

その度に、カップルの戯言には、言わざる聞かざるだと思うし、間に受けないようにするべきだとおも思います。

 

 

 

不思議なもので、

反面教師だとわかっていながら

自分は無意識に同じことを周りにするのです。

 

 

 

 

自分でもよくわからないのです。

 

 

 

 

こんなに他人が頭の中に入り込んでくることも、

 

 

 

日によって、好きの度合いや執着も変わることも。

 

 

 

どうでもいい話も愚痴も

 

 

 

全て話している時気持ちがいいような、

まるで惚気ているような気持ちになれるもの。

 

 

この投稿もその1つでしょう。

 

 

 

 

みんな、聞き飽きたでしょう。

 

 

 

彼の名前。

 

 

 

わたしも聞き飽きました。言い飽きました。

 

 

 

口に出したくなくなるレベル。

 

 

 

上っ面の言動に、

 

 

他の人と同様に

いい気になり、まんまと惚れて、勝手に絆された

そんな自分を恥ずかしく思います。

 

 

 

それを隠すために

彼を崇め、見下すのです。

 

 

 

そんな自分がかっこ悪いです。

 

 

 

 

何度離れると言ったか、

何度悩んだか、

何度良い思いをしたか、

何度嫌な思いをしたか、

 

 

 

ここで何を言おうと

もう自分でも信用しません。

 

 

 

感じてることをそのまま書くことにします。

ただの記録です。

 

 

 

良い本や気になる映画、言葉

そういうものに出会うと

共有したくなります、頭に浮かびます。

そして、会いたくなります。

 

 

 

この間の記事を書きた時から

嫌な気持ちが全てを覆い

なんか泣きそうになってました。

 

 

 

たぶん、この、感情の起伏が

さらに、好きという気持ちにさせてるのでしょう。

 

 

恐ろしい。勝手に惚れてく仕組みです。

 

 

恐ろしい。

 

 

とにかく、私は

素直にならず卑屈でした。

 

 

 

そんな昨日の夜

ひょんな事で起きた出来事から

 

 

自分の良さに気づくことができたのです。

 

 

 

そしてそれを最近、見失っていることにも気づきました。

 

 

 

私の良さは、

 

 

 

人を好きになれる所です。

 

 

 

 

不思議なくらい、人を嫌いにはなりません。

服屋だった時の店長にも、

嫌なことを言ってくる人や、

話を聞いててつまらない人も。

 

 

 

嫌いではありません。

 

嫌なところがあったとしても、その人全体をみれば嫌いになるほどの事ではないのです。

たいしたことではありません。

 

 

そして、わたしの友達やはたまた知り合いレベルの大して話したことない相手までも、

私は大概好きです。

 

 

 

その気持ちで

人と接することが出来るのです。

 

 

 

(散々愚痴ったりするくせにとは言わないで(笑)

 

 

 

 

 

何が言いたいかって、

 

 

 

 

やっぱり何を言おうとどんな人であろうと

 

 

 

私は簡単に嫌いにはならないのです。

 

 

 

 

つまりどういうことか、皆様お分かりですよね。

 

 

 

 

結果的に、好きな気持ちで包んで終わりたいです。

 

 

 

 

終わらないかもしれないけど、

 

 

 

 

でもこれが、

 

 

 

 

私のスタイルだから、

(オッパのスタイルだから風)

 

 

 

 

これを崩してはいけないと思いました。

 

 

 

 

悪あがきはやめます。

なんとなく離れたい気持ちがあることは本当です。

会うことは今月で終わるような、終わらせるような気がしてるのも本当です。

 

 

 

でも好きということを出し惜しみすることは違うと思いました。

 

 

 

一緒にいる、

“抱きしめた今その瞬間は、

世界中の誰よりも愛おしい”と

 

 

 

伝えたいんです。

 

 

 

2人でいる時は私も小沢なんです。

(笑)(笑)(笑)

 

 

 

 

だからどうってこともなく、

なんの責任も縛りもなく

何も求めない、ただ私が言いたいだけのことなんです。

 

 

 

 

この気持ちを大切にしよう。

 

 

さよならでいい、なんとなく私はそれを選ぶけど

 

 

 

大好きな気持ちは、捻じ曲げたりせず

そのままにしておきたいです。

 

 

 

 

 

 

 

私のいいところは、 

 

 

人を好きなれることです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

反省

 

 

前回の記事、反省しました。(笑)

 

 

 

書くべきではなかった気がする。

 

 

 

人を薄っぺらいだなんていう資格わたしにはありません。

全然薄くありません。

 

 

 

 

猛省。(笑)

 

 

 

 

あえて消さないけど。(笑)

 

 

 

 とりあえず、それだけ。(なんやねん)

思ったから書いとく。

 

 

 

 

 

薄っぺらいんだ。

薄っぺらい。

 

 

 

 

深みがあるからおもしろいの

だから知りたくなる

だからひろしの生きてきた過程や

思考を知るたびわくわくするの。

 

 

 

けど

あなたのしてる行動が

一貫性があり

サービスであれどあり触れたものなら

それは価値がない

そう思いました。

 

 

大切に扱ってくれるのも

気分良くしてくれるところも

だいすきだよ。

 

 

だけど、同じようなことを何人にも言うってちょっとつまらない。

事によっては、変。

 

きっと

他の人にも特別だと思わせることをなんとか言ってるんでしょう。

 

 期待はしてないよ。

それを間に受ける受けない、ではなく

 

 

隔たりなく言うことの、つまらなさね。

 

 

 

 

満足いかないです。

特別が好きなんですよ、私は。

 

 

 

 

男と同じような考え方かもしれない

 

 

 

頑張って手にしたものがいい。

そしてそれなりの特別感が欲しい。

 

 

すぐ手に入るものにそそられないし。

 

 

うん、

そうなのかも。

 

 

だって、

あなたtake for freeじゃないの。爆

 

 

ご自由ならご自由にしてればいいけど、

私の求めてるものと違う。

 

 

ないものねだりだよ、

 

 

形だけの恋愛みたいなことの

底が見えてしまった。

気がしてる…

 

 

顔がいいとか、口が上手いとか、

キスがいいとか、

素晴らしいよ、素敵だよ、

 

けど、

 

やはり、

圧倒的に足りません。

その先のおもしろさが。

 

最近

上っ面ばっかり私も気にしてたな…

一番大切なものが見えなくなってたのかもしれない。

むしろ、今まで見えてなかったのかも。

今も見えるかわからないけど。

 

 

でも

 

 

深い恋愛がしたい。

 

 

愛し合った先の

まだ私の知らない

新しい感性に気づきたい。

 

 

 

 

うん。

 

 

腑に落ちた。

 

 

 

寝る。

 

 

 

 

結局のところ

 

 

 

結局のところ、

 

 

 

返事がないなんて思わないようなタイミングで

向こうが笑顔なタイミングで

冷たく連絡返さなかったことが

 

 

 

気になって仕方ない私、、弱すぎる。

でもね

 

 

気を引きたいからとかじゃなくて

 

傷つく前に予防線張るために

自ら離れようとしてるからだと思うのです。

会わないようにしてるのも。

 

 

他人がいた痕跡があっても

本気で平気だった

今までもわかってた

けど、

お風呂に化粧落としがあったのも

私用に持ってきてくれたシャンプーの

残量が減ってるのも

なんか少し嫌だった

 

 

そのあとでもぴったり甘えて

いろんな話をして

体を触り合うこともできた

 

 

けどけど、

 

 

 

やっぱり何か違うのかな。

 

 

 

なんなんだろう。

彼をほどヒトを満たすことに長けてる人間はいない(今までの経験上)、まぁそれは言い過ぎだけど

とにかく長けている。

 

 

 

心理学的にみると特に、いかに、魅了されてしまうかがよくわかる。

 

 

 

でもやはり

圧倒的に何かが足りない、

 

 

 

愛?なの?

好きという感情?

 

 

それは

無いし、

今まで彼が知らない感情(らしい)

 

 

 

話してる時に言ってた

なつとはこういう話するけど

 

 

他のそういう人とは最近さー。くらいの話しかしないって

何故と聞いたら

それは関係の入りが違うからさって言った。

 

 

 

人を変えれるのは人だとも言います。

 

 

 

私とひろしが本気で愛し合う可能性だって

0パーセントではないと思います。

 

 

 

だけど、

この、友達の延長のようなビミョーな関係から入ったわたしとひろしはきっと、どこまでいっても、

ビミョーな関係なのでしょう。

 

 

今でも十分いい関係ですが(円滑良好)

お互い寄り添えばもっと良い関係になるとも思います。

お互いの思いやりで。

このビミョーな関係にさらに磨きがかかるのでしょう。

 

 

それはどこまでいってもビミョーな関係ですが。

 

 

よく恋愛指南書で、

 

声を掛けさせるのもデートに誘わせるのも

必ず向こうからにしなさいとある

 

 

ある意味、理にかなってるのかもしれない

 

自分が思っている以上に最初が肝心だと。

 

 

 

ビミョーな関係を作ったのは相手でもあり自分でもあります。

初っ端からグレーを許さなければ

良かったのです。

 

 

それで甘い時間を過ごせなく終わっていたのか、

本当の甘い時間を味わえたのかは

わかりません。

 

たぶん前者だと思うけど。

 

 

学べたことがものすごく多かったし

面白い日常とトキメキを与えてくれたことを感謝しています。

ある意味惚れた私を悪用してこなかったことも感謝します。

やっぱり私はひろしが好きです。

 

彼とは付き合ってもいませんし、セックスもしていませんが、

私の中で元カレのような存在感で残り続けます。

 

 

 

こんなこと書いてるのも

なんやかんや

未練があるからなのかなぁ。

好きだからといって付き合っても傷つくのわかってるしその先になんの明るい未来もない。

 

 

ただ好き。それだけです。

 

 

とりあえず、さようなら。

 

 

 

 

んーーーー。切ない。

 

 

 

話が長くなってしまったけど、

 

 

このままひろしといたら私は

ひろしと同じことを男にすると思うのです。

 

 

今まさに、自分勝手で相手を軽んじて適当に連絡しては連絡も返さず

甘えるだけ甘えてみたいな感じです。つまり調子いいやつです。

 (もはやひろしよりひどい)

 

 

それって、

ひろしが抱えてる問題が周りの女の人を傷つけてしまうことと同じ連鎖だよね

 

 

へんてこにしか人と関わらない人を好きになってしまって、へんてこに満たされず

へんてこに周り男に求めて、そんなへんてこを周りの男では埋めることなんて出来ないのです。

 

 

それでも離れる方がいいと

どこかで感じてるってことは

やっぱりよくないってことよね。

何かが気づいてるんだよね。

 

 

離れようとしてるってことはさ。

 

 

 

 

長話ついでに面白い話があって

 

 

私はひろしが何を考えてるかとか今までどんな恋愛をしたとか興味があります

 

 

ひろしをもっと知りたい気持ちと

回避の知識と照らし合わせが面白かったりするからです。

 

 

回避を理解してるつもりだし、わからんでもない感覚なので相手から引き出すために

自分を例にして色々と聞いてみることがあります。

 

 

ひろしは恋愛感情で人を好きになったことあるの?って聞いた時

 

 

無いと言った。

 

 

そして、

なつこそ人を好きって思ったことないでしょ?って。

 

 

びっくりしました。

 

 

まぁでも、ひろしは

私とひろしが似ている、同じ側の人間だと

思ってる発言はよくしていたので、

そう思ってるのも無理はないですよね。

 

 

そして彼は、私がひろしに対して無償な気持ちで接しているとも思っているようです。

それは間違ってません。彼の前ではそうしてますから。

 

 

人って、見せる部分や態度や発言で

 

その人によって全然違う人間に映るんだよね。

 

 

当たり前のことだけど、それってすごいと思うんだ。

 

 

 

人が人をどう見るかって

もちろん本質もあるけど

コミュニケーション次第だよね。

 

 

 

コミュニケーション次第では

本質まで見てもらえないこともある。

 

 

 

今すごく感心のあることなんだ。

 

 

 

選ぶ言葉とか行動とか雰囲気とか

外見着飾るよりよりも大事なんじゃないかなって。

 

 

 

そういうところを磨ける人になりたいなと思う。

 

 

 

中身が伴うのは前提だけど。

 

 

 

 

そういう意味で、いい女になりたいなって思う今日この頃。

 

 

 

 

 

長々と読んでくれてありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

no.1ホステスの心を掴む話し方

 

 

 

no.1ホステスの心を掴む話し方

 

 

 

久しぶりに自己啓発系を読んだ!

なぜ読もうと思ったかというと、

コミュ力あげたかったから(笑)

あと、自分のいい女像がホステスだったから(笑)

 

 

読んだことによって、

自分が恋愛で

付き合うまでのプロセスに一生懸命になるのも

接客が好きだったのも

似た感情だったと再認識した。

 

 

もともと人見知りな私だから

接客への憧れやずっと自分への課題にしてるのかななんて

 

 

ひろしもとい

リップサービスのうまい男に興味があるのも

それかもしれない

 

 

一概に言えばただの口説き屋かもしれないけど

相手を良い気分に、好きに、

させるサービスってのは

本当に素晴らしいと思う

自分が身につけたいと最近すごく思う

 

 

面白いことに、ひろしは売れっ子ホステスになれるだろうと思わんばかりです。

さすが、接客の仕事してるだけあるね、テクニックがまさに日々使われている(笑)素晴らしい(笑)

自分も自然とやってたことが書いてあったりしておもしろい。

 

散々テクニックや考え方を教えてくれる本だけど

最後は愛や情で締めました。

 

 

そこが作者へ好感が持てたところです。

 

 

 

最近心理学の本とか流行ってるけど

私も実際心理学は好きだけど

それで操りたいとかそういう方へフォーカスされてると少し冷める

 

 

 

あくまで、相手への好意やサービスとして行いたいって感じです。

おなじかな?(笑)

最後の章は作者の空気感雰囲気が伝わる暖かい気持ちになれる言葉でした。

 

 

 

北野が結局さそってきたから

ご飯へ行くことにしました

 

自分の話すことで相手が楽しんでくれるか試してみたいです

 

日々それが鍛錬できる接客業はやっぱりいいなぁ、、

 

 

 

接客業に戻りたくなった一冊でした。

 

 

 

 

 

 

ふがいない僕は空を見た

 

 

ふがいない僕は空を見た/ 窪 美澄

 

 

 

少し前に読んだ作品だけど、

簡単に感想書いておく!

 

 

 

 

1つの物語の中で各々の登場人物がが主役になって何部かに構成されてる。

はじめの章の掴みが良くてスラスラ読めた。

ざっくり言えば、嫌な思い出とかあんまり人に知られたくないことととか、みんなそういうのあるよね、生きてればそんなことあるよ、大丈夫だよって少し肯定してくれるような本でした。

読んだ後は切なさというか、虚無感の中に少し光が差し込んだような気持ちになった。

 

 

うん。率直に好きでも嫌いでもない。今の自分には特に罪を感じてることもないし共感できなかった。ただ読みやすかった。

 

 

 

印象に残ってたところが1つあって、

 

 

 

主人公の母親は離婚してるんだけど、

元旦那は自由人。結婚する前は、そんな自由なところに惹かれて、理解できる女のふりして共感してた。けど家庭ができ子供ができ、家に向き合ってもらうために考えを押し付けた。

自由なところを好きになったのに、そこが原因でうまくいかなかった。

そういう人を選んだのに、相手を変えようとした、そんな自分を責めていた。

 

 

 

すごくあるあるなんじゃないかって思った。

 

ていうより、自由にしてるひとが好きなわたしにとって、リアルな話に聞こえた。

 

 好きだし好かれたいしはじめは相手の考えやペースに合わせれても

段々そうも言ってられなくなるよね。

 

よく言うよね、好きになったところで嫌いになるとかさ。

 

 

 うまくまとめられないけど

 

 

 

そうだよねぇ〜〜…って感じでした(笑)

 

 

 

 

 

 

 

理想

 

 

 

 

おでこが広くて

短髪が似合う

一重で

鼻はすっきりしてて

歯並びが綺麗で

笑うと目の横にシワができて

口元が可愛い

肌色は黒くなくて

身体は178以上

何かを頑張っている

信用ができる

自分を持ってる

とにかく優しい

おしゃべりじゃない

ロマンチックな事をしてくれる

知性を感じさせる趣味がある

手懐けるのが難しい

ある程度女性慣れしている

 

 

 

 

そんな人いたら、ご一報ください!(笑)

 

 

 

 

 …笑笑